You are here

Languages

日豪M&A動向の考察と予測 2017-2019

19 March 2019 | Japan/Australia
Legal Briefings – By Ian Williams, Damien Roberts, Natalie McDowell and Hiroko Ito

Share

日本企業による豪州への直接投資は、規模および事業分野共にこの10年で大幅な拡大・多様化傾向にあり、その累計金額は米国に次いで第2位となった。2017年から2018年の期間中、日本企業が関与したオーストラリアでのM&A取引の件数は69件に上る。

豪州の堅調な経済動向および人口増加率(G20で第2位)を受けて、上記期間中、日本企業29社が豪州市場に新規参入を果たした。

従来からの鉱物、エネルギー、食料の分野におけるマイノリティ投資に加え、新たな投資の傾向として、豪州の国内市場において展開する競業ビジネスを買収するという「セカンドトレンド」が顕著に見て取れる。

本稿では、上記69件の取引について考察すると共に、2019年のトレンドを予測する。

View the English version PDF

View the Japanese version PDF

See how we help our clients in

Mergers & Acquisitions

Learn More

Key Contacts